生活に支障をきたす前に尿漏れストップ|頼れる泌尿器科ドクター

更年期障害の治療

医者

女性の更年期があることも長い医療の歴史でみると最近のことですが、男性の更年期障害も最近有名人が公表したため認知度も高まってきています。新宿の泌尿器科でも更年期障害について相談を行なっているので、治療をすることができるようになっています。新宿の泌尿器科すべてが更年期障害の治療を行なっているというわけではないですが、以前よりも確実に受診できる医院は増えてきているのです。男性の更年期障害はLOH症候群ともいわれていますので、この名称についてもよく調べ、新宿で信頼できる医師を見つけることが大事です。新宿を始めとする日本の泌尿器科ではLOH症候群の治療に男性ホルモン補充療法を行なっています。女性も男性も更年期障害が起こる原因はホルモンバランスが崩れることです。泌尿器科でなければ人間の体に大きな影響をもたらすホルモン補充療法はできません。

テストステロンは攻撃性とも大きな関係があります。男性と女性の身体や精神のバランスにはこのテストステロンの多い少ないが関わっていて、テストステロンが少ないと太りやすくなったり元気がなくなったりします。男性の更年期では男性ホルモンがどんどん少なくなっていくので、普段は元気な人がある日を境に元気がなくなって不調であるという時には更年期障害が疑われます。テストステロン補充を行なえば体調が以前のように戻り、骨格筋の肥大が促進したりしますが、これには十分注意しなければいけません。人によっては前立腺肥大症にかかるリスクが高まることもあるので、事前に泌尿器科で血清PSA値を調べておくことが重要です。